1506738?v=3

Overwatch トールビョンの簡単で効果的な使い方Created on 2016-07-06 by takashi

初心者でも使いやすいと評判のトールビョーンですが、タレットの置き場所や位置取りを間違うと一瞬で殺されて全く使い物になりません。そこでオススメのタレット設置場所を書いておきたいと思います。

前提

トールビョーンは万能キャラではありません。活きやすいステージ、条件があります。具体的には

  • assult or hybrid形式であり、ディフェンス側であること
  • ステージに奥行きがあり、遠くまでを見渡せる場所があること。
  • アタック側からすぐにアタック側からすぐには発見できない場所だが、CPの防衛に噛める位置があること

となります。もちろんこれ以外でも使えないことはないですが、上記の条件を満たす場所だといるだけで相当な火力になれると思います。

タレットの設置場所

さて、この条件を満たす場所は主に

  • King's row、payload前のCP
  • Hollywood 1つ目のポイント
  • Hanamura
  • munbani 1つ目のポイント
  • Temple of Anubis

かなと。順番に説明します。

King's row、payload前のCP

1つ目のCPのポイントはポイントを見渡せる位置に2階建ての建物があり、トールビョーンにとってかなり有利になりやすいです。

おすすめのポイントは

  • 防衛側から見て左側奥の2階の開けた場所
  • 防衛側から見て右側小部屋上の2階窓

です。最初に 防衛側から見て左側奥の2階の開けた場所 に仕掛けておき、相手が詰めてきたら 防衛側から見て右側小部屋上の2階窓 に変えるのがいいかなと思います。
ただし相手がルシオを使って一気に詰めてくる構成だった場合は最初から後者の場所に仕掛けておいてもいいでしょう。

Hollywood 1つ目のポイント

  • オススメは1つ目のポイント奥の上下するエレベータ
  • 防衛側からみて左の小部屋入り口

です。 特に1つ目はタレットが上下するので攻撃側からしても壊しにくく、かつ全方位を見れるのが強いです。ただしうまい相手だとすぐに壊されてしまいますが。
2つめは鉄板です。ここでULTを打ったら大体死んでいきます。

Hanamura

1つめのポイントは、ポイント中、はいってすぐ左などが鉄板でしょうか。あとは右の2階窓なども良いですね。
2つめのポイントでは入った真上の2階にポイント側を向けて置くか、リスポーンすぐのステージにおいておけばよいかなと。2つめのポイントではトールビョーン2体の構成もよく見ます。ハマれば強い。

munbani 1つ目のポイント

置くのは鉄板の、ポイント手前の小部屋です。ここはポイント側から回りこまないといけないのでかなり壊しにくい。

Temple of Anubis

1つ目のポイントではゲート入って右側のテントの上か、ポイント入って左の小部屋、などが良いかなと、テント上はジャンプすれば届きます。タレットの向きに注意。
2つ目のポイントはリスポーン出てすぐのところや、まだ攻めこまれていないなら正面奥の小部屋などでも良いですね。

立ち回り

基本的に、タレットを修理できるぐらいの範囲で、相手に攻撃しておいて、タレットがダメージを受けたらすぐに修理にいく、というのが良いです。
実はトールビョーン、プライマリの武器も結構強いです。連射力は無いのでDPSは低めですが、右クリックのショットガンは全弾当てると150と、トレーサー、ゼニヤッタなどを即殺できます。なのでタレットは気にしつつも、キルを取っていくようにしたほうが良いです。タレットの近くにいれば敵が入ってくれば自ずとDPSもトールビョーン + タレットとなるので、それを積極的に意識しましょう。

またアーマーは味方にあげながらも、ピンチのときは真下に置いて自分で使うのが良いです。+75 healthが回復するので、ピンチのときはそれだけで打ち勝てます。

また、ULTは攻めこまれてきたタイミングでは出し惜しみせず使いましょう。回転が早いのですぐに貯まります。

まとめ

トールビョーンは初心者でも使いやすいキャラクターとして紹介されがちですが、上記のことを意識しないと結構すぐに死んでしまいます。
特に「タレットの位置」と「自分とタレットの距離」は常に意識すると良いですね。アタッカーのような華はないですが、キルが取れるので楽しいですよ。皆さん使いましょう。